新潟の夕焼けはすばらしかった

  • 投稿日:
  • by

大学時代のことです。当時、友人と一緒に住んでいました。

4年の夏、わたしも友人も単位を取り終わっており、就職先も決めていたため、時間をもてあましておりました。

ある夜、二人で飲んでいるときに、日本一周でもしてみるか、と気まぐれに友人に話したところ、いこういこうということに。

すぐにテント買って、寝袋買って、出発だーということに。

自動車保険に入っていなかったのでイーデザイン損保の月額は確認しました。


当時、秋田県に住んでいたので、そこから北上。

北海道をぐるっと走って、また青森へ。

東北の太平洋側を南下。

ざーっとまわって、関東、東海、近畿、四国、中国、九州・・・。

また中国地方にもどってきて、山陰を回ろうかというくらいに、わたしも友人も疲労がたまっていたせいか、ささいなことで口論に。

その後しばらく、必要なこと以外は話さなくなってしまいました。

仲直りするためにちょっと飲もうといっても、友人が乗ってきません。

そのまま、旅を続けて、もう新潟に。秋田まではもうすぐ。旅も終盤です。

そのときはわたしが運転していました。

ふと、きれいな田んぼの中に、おおきな木が一本たっている風景に出会いました。

時間は夕暮れ時。

ぼーっと見とれるくらいの風景で、思わず車を止めました。

友人と一緒に写真撮影。

それでいきなり仲直りというわけではなかったですが、話すきっかけになり、旅が終わったころにはすっかり仲直りしていました。

嫁さんと久しぶりにドライブ

若いころからお気に入りのドライブコースがあります。それは有料道路となるドライブコースではあるのですが、快適に走れるために単純にドライブとして楽しめるものであり、また自動車の座席からの景色がとても良いので気分が良くなるものでもあります。こちらのドライブコースは600メートルくらいの山脈を20分ぐらいの時間を要して走るものになります。このドライブコースでは山頂に遊園地があり、また複数のハイキングコースがあるので私のお気に入りコースとなっています。若いころからこちらのドライブコースが好きで良く利用していました。先日はこちらのドライブコースに嫁さんを連れてドライブしてきました。現在では子供がいるために嫁さんと二人だけでドライブをするのは久しぶりのことになります。自動車は運転出来ない嫁さんではありますが、こちらのドライブコースは山頂からの眺めがとても良いのでドライブに行けるとあって喜んでいました。こちらの山頂からは私達が住んでいる街並みを一望できるのです。実はかつて一度だけこちらのドライブコースに嫁さんと来たことがあるのです。それ以来のドライブとなりましたが、久しぶりに嫁さんと二人だけでドライブに来れて良かったと思っています。

なぜここに連れてくる??!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

主人との思い出のドライブです。 
その日はお互いになんだかイライラとしていてつまらないことで喧嘩になってしまいました。 
お互い妥協点がなくなんとなく険悪なムードのままでした。 
でもこんなことじゃいけないよな、とお互いに思ったのだと思います。 
なんとなく、主人が「夕飯のあとにドライブにでも行く?」といってきたのです。 
珍しいことだったと思います。いつも晩酌をするので夕飯後に車を出すことはありませんでした。 
なので「いいよ」とちょっと意地を張った感じではありましたが応じました。 
そして夕飯もぎこちなく済ませ、ドライブに出ることになりました。 
その頃、新車を購入したばかりで主人はとても車に乗るのを楽しみにしていたのでただ車に乗りたいだけなのかもしれない、と思いました。 
でもなんとなく家にいて気まずいよりなにかきっかけをつかんで仲直りできたらいいなと思ってわたしも車に乗り込みました。 
車内ではわたしの好きな音楽を流してくれました。 
「どこに行くの?」 
「ないしょ?」 
会話はそれだけでした。 
車はお台場方面に進みました。お台場なら行き慣れているし夜景もきれいだしいいな、と思いました。 
けれど車はそのまま進みます。 
しばらくどこに行くんだろう、と思ってそわそわしていました。 
すると嫌な予感が。○○埠頭でした... 
ここは数台とはいえすっごくうるさいスピーカーをのせた車が夜にはいるのです。 
なぜここに??!知らなかったの?!と思ってわたしはとってもがっかりしてしまいました。 
でも主人の好意を無碍にもできずなんとなくお互い苦笑いで仲直りすることになりました。 
ドライブの目的地がどんな場所かはリサーチ必須!です。

最高の思い出 ドライブデート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

始め今の主人とデートしたのがドライブデートでした。彼は、車が好きで大きなカッコいい車に乗っていて、初デートなので直接顔を見るのが恥ずかしくてミラー越しでお互いの顔をチラチラと見ながら会話しました。

 

海沿いをドライブしながら会話が弾み時間が経つのが早く感じました。その日は、たまたま花火大会の日でドライブしながら花火を見る事が出来ました。近くの広場に車を止めて、誰もいない穴場の場所で花火を見る事が出来て特別感がありました。

 

帰りは花火の帰りの人達の渋滞に巻き込まれてゆっくり進む中で、初デートなのですぐには帰りたくないし、少しでも遅く帰れたらいいなと思い、渋滞も幸せな時間を過ごせました。ゆっくり進む間に聞きたいことが沢山あったので聞けるだけ聞きました。

 

好きな食べ物や好きな色や好きな場所や趣味や休みの日は何しているなど沢山聞けて、彼の事を知りどんどん好きになっていきました。彼の好きなアーティストがMr.Childrenで車の中はずっとミスチルのアルバム曲が流れていて居心地が良かったです。「寒くない?」と仕切りに気にしてくれたり、乗る時にドアを開けてくれたりすることが紳士的でその優しさに更に彼の事が好きになったドライブデートでした。

旦那とのデートパターン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

旦那と休みが合うとドライブに行くことがあります。

付き合って長いと行ったりする場所も定番化してマンネリになっちゃうのでたまーにドライブ行って気分転換を計ります。



日帰りで行ける場所まで思いきって高速などを利用して行くんです。

私は宮城県に住んでいるのですが県内は普段から行ったりするので山形や新潟など県外まで足を運びます。

ずーっと一緒に居るので旦那との会話もそおまで弾んだりはしないのですが...

音楽が好きな共通点があるので一緒に歌いながら行きます。



ドライブをしていると狭い空間に2人きりになったりしますよね?

今ではありませんが、付き合っている時はこの状況にドキドキしたものです。

そんなこともあったね!なんて話しをしているとちょっと付き合っていた時の感情を思い出すような...



高速を使っていると休憩所に寄りますよね?

私達は必ずここで写真を撮ります。

どこに来たのか残しておくんです。癖みたいなものなんですが、これが恒例になっています。



元々運転が好きな旦那なので私はずっと助手席なのですが、どんなに暇な時間が出来てしまったとしてもスマホはいじらないようにしています。

せっかく遠出をしているので周りを眺めたりしています。

仮にいじっても旦那は何も言いませんが私が運転している立場だったらちょっと嫌ですからね。



ドライブしていて一番楽しいことは、気になったお店を見つけてお土産を買うこと!

私達夫婦は何よりも食べることが好きなので、行った土地ならではの食べ物を必ず買って家路に着きます。



ほとんど車の中に居る1日ではありますが、夫婦でゆっくり話が出来るし、歌ってストレス発散も出来るので好きです。

でも、しょっちゅうだと疲れるからたまにが丁度いいのかなと思います。

目的地でなく、道中を楽むことの出来るドライブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昨年の夏、付き合って半年になる彼女と初めてのドライブデートに出かけました。

NISSANのスカイラインを駆り、目指すは琵琶湖です。

奮発して購入したこの車、排気量3500ccと私の身には余る代物。

なれない道に不安感を覚えつつも、彼女を載せ出発しました。

普段は片側一車線の道を走ることがほとんどなので、出くわした二車線はわからないことがいっぱいで、苦労します。

直進するつもりで走っていたのに、あれあれ、この車線はいつの間にか左折レーン...なんていうこともありました。

折角の3500ccの馬力も、慣れない道でしかも信号ばかりの道ではなりをひそめ、ゆるりゆるりと走るのみになってしまいました。

目的地には無事到着しましたが、ドライブでの困る点といえばやはり駐車場の問題。

駐車場が完備されている施設なら良いのですが、有料のパーキングに停めるも出費が痛いし、かと言って遠く離れた場所に停めると歩くのが一苦労。

目的地や道中立ち寄りたいところは、駐車場の有無や場所をしっかり確認して置かなければいけないと痛感しました。

目的地を楽しむことももちろん、ドライブはその道中も楽しみの一つです。

二人きりの空間に、変わりゆく景色。周囲の風景や建物からだけでも話題は突きません。

疲れれば、同乗者はすやすやと眠ることも出来、眠ってくれるということはそれだけ運転に安心してもらっている証拠ですし嬉しくもなりますね。

公共の乗り物でのお出かけもいいですが、自分の足で行くことの出来るドライブでは、目的地に到着した時の喜びも一塩でした。

人生初ドライブの思い出

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

昨年の春から仕事と並行して自動車学校に通い始め、紆余曲折ありながらも半年後の9月にようやく念願の免許を取得。

称号を手にした翌日、人生初ドライブへ。

目的地は八王子でした。行きは何の問題もなくすんなり着きましたが、帰り道、案の定道に迷ってしまいました。

間違えて有料道路に入ってしまったりで2時間以上かけて帰宅したのは今でも良い思い出です。

次の日は渋谷へ行きました。

この日も行きは何の問題も無かったのですが246を通って帰る途中、中途半端な運転をしてしまいクラクションを鳴らされてしまいました。

それでもめげずに3日目は横浜を目指しました。地元だから何にも問題なし!



...



...



...



のハズが、大黒ふ頭の湾岸で市場に迷い込んで袋小路に。。。



なかなか思うように上手くいかなかった3日間でした。

当たり前でしたが、公道に出てみると交通社会の洗礼みたいなものを痛感しました。まだまだ運転を楽しむ余裕は無いですが、今のところ無事故で何とか快適な車のある生活を謳歌できています。

そんなこんなで今度の休みに助手席に友人を載せることになりました。

より進化した運転技術と、型遅れの自家用車を見せつけてきます。

でもそろそろ新車が欲しいです(ハスラーが良いかな?)

 

初めての長距離ドライブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

免許をとってから、初めて自分で中古の軽自動車を買ったので、彼氏と3県をまたいでドライブしながら行き当たりばったりの旅行に行くことになりました。

カーナビをセットして交代しながら運転していたのですが、私の番になり、もう少しで目的地というところでなぜか目的地に着かず、何度も同じ交差点でグルグルしていて、右折をしようと交差点の中央にいるときに信号が赤になってしまいました。

今なら、すぐにそのまま右折すればいいと分かるのですが、その時は免許を取りたてのうえ迷子中。

「こんな時はどうすればいいんだっけ」と悩んでいるうちに交差点のど真ん中で停止してしまい、他の車にクラクションをならされてパニックになっているところに彼氏に「おい!」と言われて急いで右折。

近くのコンビニに停まって、号泣しました。

それからは、彼氏に運転をかわってもらい何とか目的地に着いたのですが、次の目的地に行く時も私の番で迷子になりました。その時は迷いながらも目的地まで到着できて、すごく嬉しかったのを覚えています。

当時のカーナビは、今ほど良くなかったのもあり、カーナビは信用しきってはいけないということと、分からなくなったら停車できるところに一旦停めてから考えて移動するべきだということを学びました。 

今となれば、迷ったり軽自動車で無謀なドライブに出掛けたのもいい思い出です。